本文へ移動

ブログ

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

相談支援センターなごみ

2023-03-09
相談支援専門員とは
『相談支援専門員』とは障害のある人や家族が、必要な支援を適切に受けられるようにお手伝いする専門職です。暮らしやすい、自立した生活を送ることを目的に、中立的な立場で総合的に支援する任務があります。相談支援専門員になる為には、障害者施設や介護施設での実務経験(業務範囲、有資格内容による)が3~10年間必要になります。この実務経験と併せて、相談支援従事者初任者研修を受講することで資格を手に入れることができます。資格更新のためには5年ごとに相談支援従事者現任研修を受講する必要があります。当事業所には障害者施設、高齢者施設での実務経験を持つ2名の相談支援専門員(男女各1名)が常勤しています。

さつきホーム

2023-03-03
ひな祭りの夕食
 3月3日の桃の節句。この日の夕食は、みんなで手まり寿司を作りました。
 すし飯に海老や卵、海苔に桜でんぷんと、一人ずつ自分でお寿司をラップにくるんで、きゅっきゅっとにぎりました。皆さんの感想は、「まるめるのが難しかったけど、楽しかったわ」「おいしいわ」等・・・・自分たちで作る夕飯は格別です。  


おおや作業所

2023-02-28
ひな人形作り
3月3日のひな祭りを前に、紙のひな人形作りをしました。使った材料は 画用紙、おり紙、紙コップです。
まず、画用紙を顔の形に切り抜き、目をマジックで書いて、烏帽子等をつけ、紙コップに折り紙で作った着物を着せて最後に顔と、胴体を貼り付けて出来上がりです。
それぞれ個性あふれる表情と、着物。素敵なおひな様がおおや作業所の玄関ロビーで皆さんを毎日迎えてくれます。

たんぽぽワーク

2023-02-28
2月土曜日活動
 2月の土曜日活動は各班ごとに分かれ、ジャンボかるた、囲碁ボール、輪投げ、福笑いと、ゲームを楽しみ、午後からは節水、節電についての話し合いを自治会が中心となって行いました。

琴弾の丘

2023-02-28
行事食に舌鼓。
2月の余暇活動は、節分時期にちなみ、17日の夕食にお寿司の盛り合わせとミニカップラーメンを頂きました。
普段、なかになか握り寿司や巻きずし・いなり寿司など食べる機会がないので、皆さん大喜びで「美味しい」と言われながら食べられていました。ミニカップラーメンも「カップラーメン好きや」と言われながらたべられる利用者の方もおられました。皆さん早々と完食をされました。

▼お気軽にお問い合わせください

0
2
1
5
3
1
琴弾の丘(法人本部)
〒667-0306
兵庫県養父市大屋町宮垣224-67 TEL:079-663-8510
FAX:079-663-8050
TOPへ戻る